通信制高校とは

 

通信制高校とは

「通信制高校」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、詳しく分からない方のために、いくつかのPOINTをピックアップさせていただきます。通信制高校への入学や転編入をご検討の方など、参考にしてみてください。
まずは、高校の卒業資格を得られる学校の種類3つについて説明します。

全日制高校

平日に通学し5~8時間程の授業を受ける最も学校数が多い通常の教育課程。卒業までに必要な年数は3年間と決められています。学年制を採用している学校が大半を占め、一年生・二年生・三年生と進級していきます。

定時制高校

夜間やその他特別な時間や時期において約4時間の授業を通学して行います。仕事をしながら通う方が多いです。
卒業までに必要な年数は4年間でしたが、4年間以上に法改正されました。

通信制高校

通信教育の添削指導によって在宅での学習を行います。レポート提出・スクーリング・試験によって卒業するために必要な単位を取得する単位制を採用している通信制高校が大半を占めています。

3つの学校全てで同じ高校卒業資格が得られ、資格に違いはありません。

通信制高校へは、入学時に満15歳以上であれば入学が可能です。
また、上限の年齢制限は無いため、中学校を卒業後にすぐに就職をした方が新たに学業に励むため、通信制高校へ入学することもできます。

高等学校の入学時期は、4月入学というのが一般的ですが、通信制高校の場合は、単位制・前期と後期の二学期制を採っている場合が多いため、4月と10月など学期の区分に従って年2回が入学時期という学校が一般的です。
また、中には随時募集の通信制高校も一部あります。卒業の時期は、3月と9月のケースが多いです。

通信制高校の入学試験

学校教育法では、入学者の選抜を調査書及び学力検査によることを原則とすることとされていますが、通信制高校が主に採っている単位制の場合は、多様な生徒を受け入れるため、 学力のテストを行わない学校が多いです。

通信制高校の多くは、全日制や定時制の学校の多くがとっている学年生ではなく、単位制をとっています。
そのため、学年という概念はなく、進級や留年ということもありません。レポート・スクーリング・試験などの学習の結果を通信制高校が認めて単位の取得ができ、卒業までに取得をしなければならない単位の数は74単位です。
また、過去に在籍していた又は、在籍中の他の学校で取得済みの単位として認められるため、通信制高校に転入や編入をするケースも多いです。

通信制高校での学習は基本的に在宅での学習がメインになり、レポート提出・スクーリング・試験の3つで単位を取得していくことが一般的です。また、学習をテレビ放送やパソコンやスマートフォンで行う通信制高校もあります。
スクーリングとは、学校に通って直接受ける授業のことをいい、在宅の学習では分からなかったことの質問もできます。
スクーリングの期間や日数は、通信制高校ごとに特長があり、年に1回数日の泊まり込みのスクーリングを行う学校や月に1回の学校や週に5回の学校などもあります。

 

このページのトップへ