高卒認定予備校とは

 

高卒認定予備校とは

005年度に大学への入学資格を取得す大学入学資格検定(大検)が高等学校卒業程度認定試験(高認)へと制度変更され、8月11月の年2回実施されるようになりました。
高等学校卒業程度認定試験(高認)への合格を目指す予備校が高卒認定予備校です。
高等学校卒業程度認定試験(高認)へ合格した場合、公的に「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」とみなされ、大学や短期大学・専門学校や国家試験の受験資格を得ることができます。

高卒認定予備校(高認予備校)によって違いはありますが、入学の時期は、高等学校卒業程度認定試験(高認)の時期に合わせて年2回の2期生を採用している学校が多いです(随時募集の学校もあります)。
学習の進め方は、通学での学習を行う高卒認定予備校(高認予備校)や、通信教育やパソコンでのイーラーニングで行う学校など様々です。高卒認定予備校に入学される方は、全日制や定時制や通信制高校に通いながら通う方や、不登校やひきこもりで高校に行けなくなってしまった方や、社会人の方や主婦の方など様々です。

高等学校卒業程度認定試験(高認試験)の受験資格は、大学入学資格を持っていない受験する年度末までに満16歳以上になる全ての方です。
受験科目は、国語1科目、数学1科目、外国語・英語1科目、公民1科目(倫理、政治・経済を選択の場合は2科目)、地理歴史2科目、理科2科目の計8科目(公民の選択科目により計9科目)で全てマークシートによる解答です。
どの科目も、40点程(100点満点)の点数で合格となり、1回の高卒認定試験で全科目の合格ができなかった場合は、不合格の科目のみの次回への再受験となります。また、高校や高等専門学校で必要単位数を既に取得した科目がある場合や、英検などの資格試験に合格している際は、科目免除になることもあります。

高等学校卒業程度認定試験(高認)に合格した方も高校を卒業した方のどちらも 大学や短期大学・専門学校や国家試験の受験資格を得ることができるという点では同じですが、異なる点があります。
高校(全日制・定時制・通信制の全て)を卒業した方が大学・短大・専門学校などに進学をしなかった場合の最終学歴が高校卒業になるのに対し、高認を取得した方が大学・短大・専門学校などに進学をしなかった場合、その方の最終学歴は中学校卒業になります。
そのため、高卒認定予備校の中には、大学受験対策に力を注いだカリキュラムを用意している学校が多くあります。
また、名門大学を目指す方の中には、独自の勉強時間を増やすために敢えて高校に通わずに、高認試験を受験する方もいます。

 

このページのトップへ