Q&A

 

Q&A

通信制高校やサポート校や高卒認定予備校に関して多い質問内容をQ&A形式でまとめてみました。
質問の回答は、比較的一般的なケースの例としての回答内容もあり、各校によって異なる場合があるので学校選びの際にはホームページや学校のパンフレットにて詳細を確認してみてください。

  • 通信制高校を3年間で卒業ができますか?
  • 3年間での卒業が可能ですが、レポートの提出やテストやスクーリングなどによって3年間で74単位を取得する必要があります。また、高等学校卒業程度認定試験(高認)の試験で合格した科目を単位認定できます。
    3年間の卒業が不安な方は、サポート校に合わせて通う場合が多いです。
  • 通信制高校は全国どこでも入学できますか?
  • 通信制高校は、3つ以上の複数の県にまたがって入学できる「広域通信制高校」と都道府県単位でしか入学ができない(一部、隣り合っている都道府県を認める学校もあります)「狭域通信制高校」の二つに分類されます。
    そのため、お住まいの都道府県によって入学ができない通信制高校があります。
    また、公立の通信制高校は全て「狭域通信制高校」です。
  • 通信制高校の入学試験はどんな試験ですか?
  • 学校によって異なる場合もありますが、国語・数学・英語などの学力を判断するための入学試験を行わない高校が多いです。書類選考や面接や作文などで評価をする高校が多いです。
  • 通信制高校を卒業するまでに在籍期間の期限はありますか?
  • 多くの通信制高校が採用している単位制の通信制高校の場合、在籍期間の期限を設けない学校が多いです。
    学年制を採用している通信制高校の中には一部、4年制や6年制としている通信制高校もあります。
  • 通信制高校の卒業で大学に進学ができますか?
  • 通信制高校の卒業だからといって大学に進学ができないということはありません。
    また、大学への独自の推薦枠を持っている通信制高校もあります。
    また、通信制高校の卒業生の中にも、名門校へ合格をする生徒もたくさんいます。
    名門大学を目指す通信制高校の生徒の中には、大学受験に強いサポート校にも合わせて入学をするというケースもあります。
  • 通信制高校と全日制高校の卒業に違いはありますか?
  • A、 通信制高校で取得する高校卒業資格と全日制高校や定時制高校で取得をする高校卒業資格に違いはありません。また、就職の際などに歴書に学校名を記入する欄がありますが、○○○通信制高校という学校名の高校でない限り、名前だけで通信制高校と判断はしにくいです。

  • サポート校のみに通えば高校卒業資格を取れますか?
  • サポート校に通うのみで高校卒業資格の取得はできません。
    サポート校に通う場合は、通信制高校と両方に通う必要があります。
    また、サポート校で学習した内容は、提携している通信制高校で単位として認定されます。
  • サポート校はどのような所が運営していますか?
  • サポート校の運営母体は、民間の学習塾や各種スクールというケースが多いです。
    近年は、メイクやネイルやエステや声優などの各種スクールの運営をしていた企業が新たにサポート校を開校するケースが増えています。
  • サポート校の登校日はどれくらいですか?
  • 学校によって異なりますが、全日制の学校と同じように週に5日程の登校日がある学校が多いです。
    また、文化祭などの学校行事を開催するサポート校も多数あります。

  • 高卒認定予備校で取得した高認資格と高校卒業は同じ意味ですか?
  • 高認資格と高校卒業は異なります。
    高等学校を卒業した方が大学や専門学校などに進学しなかった場合の最終学歴が高卒になるのに対し、高校を卒業していない方が高認資格を取得し、その後、大学や専門学校に進学しなかった場合の最終学歴は中卒になります。
  • 高卒認定試験の合格率はどれ位ですか?
  • 高卒認定試験の受験者全体の合格率は、35%~40%です。
    ただし、どの科目も100点満点で40点を獲得すれば合格になるため、高卒認定予備校に半年または1年間などの一定期間を通っていた方が高卒認定試験を受験した場合、合格率は大幅に上がります。
 

このページのトップへ