保護者の皆様へ

 

保護者の皆様へ

全日制の高校で学ぶという手段の他、通信制高校やサポート校や高卒認定予備校で学ぶという選択肢もあります。
また、近年、その選択をされる方々は様々な種類の通信制高校やサポート校の出現や、いじめや不登校などの社会的な問題により増加傾向にあります。
全日制の高校での学習以外の選択肢もご検討をされてはいかがでしょうか。

全日制の高校に私立高校と公立高校があることと同じように、通信制高校にも私立と公立があります。
通信制高校の公立と私立の違いについてピックアップします。

公立の通信制高校
学費

私立の通信制高校と比較すると圧倒的に学費が安いです。
金額は各校によって異なりますが、1単位あたりの金額が200円程度から取得できる学校もあるため、仮に1単位200円の公立の通信制高校に進学をした場合には、卒業までに必要な74単位を14,800円で取得ができます。
入学金は無料の学校や有料の場合でも500円程度の学校が多いです。
※学費の他に教材費や設備費等も発生します。

学習について

学習できる内容は一般的な「勉強」に関する内容になります。
また、私立の通信制高校と比較すると自由度が無く、スクーリングやテストの日程が限定されてしまいます。
そのため、決まった日程に試験を受けることができなかった場合には、レポートを提出していても単位の認定を得られない場合があります。

卒業について

中学校の学習内容は、大筋に理解をしているという前提での学習になります。
私立の通信制高校と比較をすると卒業率は圧倒的に低いです。

私立の通信制高校
学費

私立の通信制高校は学校によって学べる内容やサポート体制について学校ごとに特色があるため、1単位あたり5,000円~6,000円程の通信制高校や10,000円~12,000円の通信制高校がある等、学校によって大きく異なります。
入学金も各校によって大きく開きがあり、無料の学校や50,000円程度の学校があります。
※学費の他に教材費や設備費等も発生します。

学習について

学校ごとに特色があり、「勉強」に関する事柄の他、メイクやデザイン等の様々な事柄を学べ、単位として認定される学校があります。スクーリングについても合宿で短期集中的に行う場合や週に2回程の登校の場合など、学校やコースによって様々で公立と比較すると圧倒的に自由度が高いです。

卒業について

各校によって特色がありますが、自由度が高い中で学習を進めることができる点や担任の先生やカウンセラー等のサポートが受けられる通信制高校が多いため、公立と比較すると卒業率が高いです。

夢や目標に向かってリードをするために通信制高校に進学をするというケースもあります。
手に職を付けるための専門的な技術は高校を卒業後に専門学校に進学をして技術を身に着けるということが一般的でしたが、現在は将来の仕事に直結できる技術を身に着けることができる通信制高校や通信制高校と提携したサポート校(サポート校の学習内容を提携の通信制高校が単位として認定)が増えています。
学べる内容はメイクやネイルやエステやデザインや彫金や声優やゲーム等、学校によって様々です。
お子様の将来の目標が中学生のうちに明確な場合や、一般の学習では学べないことを早い時期に経験をしたい場合等は、全日制の高等学校ではなく、通信制高校に進学をするという選択肢もあります。
また、名門大学への入学を目的とするために、通常の高校には進学をせずに、高卒認定予備校で一般の高校1年生と同じ年齢で高卒資格を取得し、その後は大学受験に特化した学習を行うというケースもあります。

いじめや不登校やひきこもり等の様々な理由で学習がお子様の不登校でお悩みの保護者の方々は多いかと思います。
文部科学省の平成22年度の調査結果では、全国の公立私立の小・中・学校の不登校児童生徒数は約12万人、高等学校は約5万6千人と相当数に上っています。
しかし、お子様の将来を考えて高校を卒業して欲しいと願っている保護者の皆様も多いかと思います。
お子様がもし、全日制の中学校や高等学校などで学ぶのが困難で負担になってしまっているという場合には、基本的には在宅での学習が可能で、同じような境遇の生徒が多いためお子様が仲間を見つけやすい通信制高校への進学や転編入をご検討されてみてはいかがでしょうか。専門のスクールカウンセラーを置いている学校があるなど、生徒の心のケアに力を入れている通信制高校やサポート校も多いです。

 

このページのトップへ